ルイス、コンフォート、ティファニーとは

ルイス、コンフォート、ティファニーは1848年、アメリカの宝石商ティファニー

創業者チャールズ、ルイス、ティファニーの息子として誕生しました。

それまで平面でしか表現されなかったステンドグラスを立体造形として表現し

アメリカにおけるアール、ヌーボーの第一人者と言われています。

その作り方はガラスピースの周囲をコパー(銅)テープで覆いハンダで融着

すると言う斬新な技法です。そのようなティファニーが開発した技法を総称

してアメリカ方式と呼んでいます。伝統的な古代からヨーロッパに伝わるH型

の鉛の溝にガラスピースを組むやり方をヨーロッパ方式と呼びます。

当時のアメリカにおける教会の2/3はティファニー工房が請け負ったと言われて

います。

グリザイユやエナメルでの彩色が主流であったステンドグラス界にティファニー

は乳白色の多彩な美しいガラスを用いたことで大きな影響を与えました。