ステンドグラス取り付け方法/千葉市川のステンドグラス制作・施工・住宅・窓|サンプラン制作

HOME > ステンドグラス取り付け方法

ステンドグラス取り付け方法

近年の住宅窓は住宅メーカーによりサッシ枠の材質がアルミ系の金属から樹脂系のものまで
様々で多様化しています。

新築で新たにステンドグラスを取り付ける希望があれば設計の段階で
住宅のどの場所にどれくらいの大きさのステンドグラスを取り付けるか
設計士さんと詳しく相談して下さい。

屋内窓への取り付け

室内の開き戸、壁の明り取りへステンドグラスを取り付ける図解です。
室内戸の場合、木枠で出来ていますので押し縁も木枠に合った色の押し縁を
ステンドグラスの表側、裏側に取り付けます。
押し縁は大工さん、建具屋さんへ予め相談して下さい。

既成の窓や建った後の家でもステンドグラスを取り付ける事は出来ますが窓が高い場所であれば足場を組んでの作業になりますから予算も考慮しないといけません。

はめ殺し(FIX窓)への取り付け

もっとも一般的なステンドグラスの取り付けです。

① 窓とステンドグラスの間に角パイプを設置しビスで留めます。
② 次にステンドグラスパネルを設置し押し縁で固定してゆきます。
   押し縁に使うのはサッシ用アングル、角パイプ、木材などです。
③ 必要に応じてステンドグラスと押し縁の間にシリコンを打ちます。

サッシ窓への取り付け

近年、サッシ窓、引き違い窓にはペアガラス(2重ガラス)が使われるようになり下で図解したようなY字ケームが使われることは少なくなりました。

① 窓枠を取り外し板ガラスを取り外す
② 板ガラスに巻かれているビート(保護ゴム)を取り外します。
③ Y字ケームで仕上げられたステンドグラスを板ガラスと重ねて取り付けます。
④ 外側の板ガラスとサッシの間にバックアップ材を入れてシリコンを打ちます。

足場を組んでの施工例として2011年、市川市内の幼稚園に足場を組んで取り付けている画像と2014年3月、八王子市内で足場を組んだ様子の画像を載せてみます。

市川市 三愛幼稚園

八王子市内の現場で、取り付け前、取り付け後

既成のドアでステンドグラスを入れるためシリコンを外している様子

このページのトップへ