コンテンツ

自己紹介

画家になることを夢見て上京したのは高校卒業後でした。

鹿児島から上京し芸大目指して予備校に通うも3浪して挫折しました。

27歳で都内のガラス工場に入社し釜炊として10年勤務、ガラスを基礎から研究!
アートスクールでは業界のレジェンド、今野先生、平山先生、尾山先生から絵付けを学びました。

2008年の第9回ステンドグラス美術展は初出品、初入選、第10回美術展と連続入選☆☆

元々身に付いていた油絵のペインティングナイフを使って描く技法でパウダーフュージングを始めたのもこの頃でした。

その後、多くの注文作品にフリットやコンフィティを熔かす技法を取り入れて独自の世界を表現することを目指しています。

第9回ステンドグラス美術展入選
「春夕の五重塔」

第10回ステンドグラス美術展入選
「晩秋の光明寺」