お客様の声

お客様の声

【照明】ステンドグラス、ペンダントライト,8面体オデッセーランプ

さっそく付けました。

天井いっぱいに八面体の光が広がり、なんか大きなシャンデリアの下にもう一つ

小さな灯りがあるような幻想的な感じです。

照明って下を照らす物だと思っていましたがステンドグラスの技術ってすごいんだなと思いました。

ハンドメイドの良さと手作り技術の高さに驚きました。

一生、大切にします。そう思えてしまうような素敵なランプです。

ゆうみ

この度はありがとうございました。

先日はステンドグラスの設置をありがとうございました。

お陰様で、毎日玄関吹き抜けを見上げるのが楽しみになりました。

朝日が入ると本当に綺麗です。

まるでずっと前からそこにあったような錯覚すら感じます。

ご近所の方からも、お褒めの言葉をたくさん頂きました。

東條さんにお願いして本当に良かったと、改めて感謝申し上げます。

足場と取り付けをして下さったスタッフのお二人へ、よろしくお伝えください。

流山市 T

葡萄のパネル

階段の上に飾ってある18世紀ヨーロッパ絵画に合う雰囲気にしたかったので、階段のなかほどにある窓に「葡萄のパネル」をいれてみました。夕方、西日がこのパネルに当たると、毎日のように眺めている私ですら、その時間帯には思わずステンドグラスの透過光の美しさに魅入られてしまいます。

葛飾区 N様

サンルームのステンドグラス

2010年の1月下旬にいれてから4年半の月日が流れていますが、今も飽きることなく毎日楽しんでいます。サンルームにステンドグラスというのはかなり異例の注文になるかもしれません。私の住む家は和風建築であり、サンルーム以外には本格的なステンドグラスを入れる余地がないことから苦肉の策となったものです。

依頼してからデザインが決まるまで何回かのやりとりがありましたが、なかなか決まらない時にオリジナルにこだわらず日常生活のなかで楽しむのであれば、小川三知の作品へのオマージュとすることもいいのではと示唆してくれた友人がいました。その作品とは、北九州市にある辰野金吾設計のアールヌーボー風の洋館である旧松本邸の階段にある葡萄三部作です。

実物を見たことはないもののその画像を見て一瞬で気に入り、この小川三知の葡萄三部作を土台にして作家さんの個性、才能を注ぎ込んだ作品となるよう制作をお願いした次第です。

洋館でもなく豪邸でもない私の家ですが、寝室に接するサンルームであり、これからの人生で一番多くの時間を過ごす部屋となるので、毎日眺めることそのものが愉楽となるものであって欲しいという願いがこのステンドグラスのおかげでかないました。

葛飾区 N様

葡萄のランプ

サンルームのステンドグラスの出来栄えの素晴らしさを毎日楽しんでいても、人間には欲というのが出てくるものである。そこで、窓の開閉の関係からステンドグラスを入れられない残り2面の余白を補うため、サンルームに置いてもおかしくないランプの制作をお願いした。

美への執着じみたこの願いはかなうことになった。画像だと小さく見えるが高さは65cmほどになる。その形は底辺部分の一辺が約30cmで上部にゆくにつれゆるやかに傾斜して広がる四面の角形で上辺部分もなだらかなカーブを描いている。そして各面はそれぞれ隣接する面へとつながる内容の作品となっている。ぼんやり眺めているだけで、そして素人の私でさえも、作者のこの作品へのこだわりと苦心が伝わってくるほどだ。

この画像ではなかなかランプの美しさを伝えきれないもどかしさがある。昼、光がない状態でももちろん美しいランプなのだが、その真価はやはり光が入りその光がステンドグラスを透過することで発揮される。夜、明かりを入れて眺めてみると、部屋じゅうに抑制された華やかさと落ち着いた気品が漂い、はっとするほど高雅な美しさに満ちてくることがわかるのだ。このステンドグラスのランプを眺める人は、きっと誰でもこころ癒され豊かな気持ちに満たされるだろうと思えるほどの素晴らしい出来栄えとなっている。

葛飾区 N様

この度はありがとうございました!!

昨日は取り付け大変お疲れ様でした。

家族も大変気に入って喜んでおります。

夜の外から見た感じも素敵なので、写真をお送りします。

習志野市 K